2009年01月14日

Sonate for Viola and Piano opus11/4

形にはなってきましたが、まだまだ詰め足りない。
明日録音するので客観的に聞いてみます!

音程、気を付け始めて段々と良くなってきましたグッド(上向き矢印)
替え指とかも使ってるので、響きが落ちないように気を付けたい。
できれば口で音程操作がちゃんとキープできるようにしたいね。
口の中の広さ、響かせ方って大事だね。

あとは質の向上ぴかぴか(新しい)

ヒンデミットのヴィオラ・ソナタop.11-4だけど、ほんまに名曲だと思うかわいい

以下ダラダラ思ったこと書いてるので読みたい人だけ読んでくださいバッド(下向き矢印)

ヒンデミット自身元々ヴァイオリニストであって、そっからヴィオラ奏者に転身。
それ以降ヴィオラが彼の生涯お気に入りの楽器になるんだけど。。
ヴィオラを知り尽くしているからこそ、自身の想いや力をここぞと出して書いた曲というか。
ヴィオラソナタに関しては意欲的に作曲していて、無伴奏ソナタ3つ、デュオソナタ(ピアノとヴィオラの為の作品)4つの計7つあるんだよね。

この曲の作られた1919年は第一次世界大戦の混乱の中で、
当時は確実に自由に音楽ができる環境ではなかったと思う。
経済的にも芸術的にも社会からの制限を受けていたはず。

パッと聴いた曲の印象は、ロマン派の色が濃く出ていて、表現主義で、色彩感にあふれてすごくロマンチックで情熱的。
それに、ヒンデミットの美的な感覚をうかがうことができる一作だと思う。
サックスの為に書かれたコンチェルトシュトゥックとかソナタとは全く異なった印象。
書いた時代も違うからだろうけど、和声がハッキリしてて調性感がすごくある。
サックスの為の曲は、逆に和声が特徴的で(奇妙な感じというか・・・)それはそれで私はすごく好きだけどハートたち(複数ハート)

で、話は戻りますが、、ただこの曲が情熱的とかキレイとかいうのには、
当時の作曲者の内面が反映してるんじゃないかなと思うんだけども・・・
この曲には“力強さ”(生命力?エネルギー?パワー?そういう強さ)とか、
音楽のできる“喜び”“歓喜”だったり、音楽に対する“情熱”をめっちゃ感じる。
それから逆に“不安定さ”も。

これが合ってんのかはわからんけど、
なんかもうちょいそこらを考えて演奏できたら良いな〜って思ったりします。
あとは二楽章からは主題と変奏になってくるので、もっと引き出し増やしとかんとって感じあせあせ(飛び散る汗)

それから出だしがまじで一番難しい。
ある種、デザンクロのプレリュード〜とシンクロするような感覚・・・たらーっ(汗)
困りもんふらふら

あと2週間詰めます!!
posted by すすき at 00:15| 岡山 ☀| Comment(4) | ♪Saxノート♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて須々木さんのブログましたぁ☆
練習頑張ってるみたいですね!!
私も実はサックス奏者になりたくてまだ勉強とは行かないまでも、色々と調べたり頑張ってますp(`ω´*)"

お互い一日一日を積み重ねていきましょうねぇー♪
今後もおじゃまさせていただきます(´∀⊂)☆
Posted by M子♪ at 2009年01月14日 01:09
>M子♪さんへ

コメントありがとうございます☆

M子さんお会いしたことありますか・・・?(汗)
もしそうだったら見当がつかなくてごめんなさい(><;)

お互い頑張りましょうね!!
私ももっと良い演奏ができるように研究・追求し続けますよ♪
またブログのぞいてください(^^)v☆
Posted by すすき at 2009年01月15日 14:54
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございま〜す☆
岡山も寒いでしょうか?風邪など気を付けて下さいね。

ヒンデミットのこの曲、大好きです♪
Posted by 京青 at 2009年01月17日 22:54
>京青さん

ありがとうございます!
岡山は今日は暖かかった方だと思いますが、寒いのに変わりはありません。
でも雪は降ってないので暖かい方ですかね。
朝寒くて、いっこうに起きる気になれません(^^;)

この曲、ホントに良いですよね〜♪
最初は吹くの難しくて一瞬嫌いになりかけましたが
色々追求していくうちにやっぱり好きだー!ってなりました(^O^)b
ブラームスのクラリネットソナタ?やプーランクのオーボエソナタもいつかやりたいんですけどね〜。
Posted by すすき at 2009年01月18日 01:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。